サクサク感が凄いトンカツ!豊中のチャールスとん

サクサク感が凄いと多くのメディアで評判のトンカツ店『チャールスとん』。

ごきブラ(ごきげん!ブランニュ)の最後の晩餐、究極のトンカツで紹介していたお店です。


Sponsored Links



『チャールスとん』は大阪の豊中にある創業30年を越え、究極のサクサク感を味わえる絶品トンカツ店。

紹介のトンカツは開店当時から名物という『しぐれロースかつ定食』。店長によると、実はトンカツに大根おろしをのせるスタイルはこのお店が発祥とのことです。

白醤油を2回ほどかけていただきます。抜群のサクサク感で大根おろしとめちゃ合うのだとか。

使用する肉は国産肩ロース肉。鮮度を保つために注文を受けてから切り分けて使用しているとのこと。

下味をつけて油の中へ。油にはラードの2倍も高い高級油の米油を使用。米油は油切れが良くからっと揚がるのでカツがより軽快な歯ごたえとなるとのだそうです。

更にサクサクにするために、衣の剣立ちにこだわりが。剣立ちとはパン粉が剣のように突き立つ状態のことで、衣が立って揚がるほどサクサク感が増し、華やかな香りが出るそうです。

通常のパン粉のつけ方では横向きについてしまうそうなんですが、『チャールスとん』の店主はパン粉が立つように独自のテクニックを開発し剣立ちを自由自在に作れるのだとか。

これが『チャールスとん』のトンカツのサクサク感が凄い秘密なんだそうです。

あっさりな味付けの大根おろしと白醤油に、重量感のある肉をサクサクに揚げることで、他では味わえない味わいを実現しているとのこと。

試食した杉村太蔵さんもこのサクサク感には参った感じでした。

【チャールスとん】

大阪府豊中市向丘2-10-10 リライフビル2F