アジア圏の外国人に人気、大阪日本橋の黒門市場!

スポンサーリンク

大阪の日本橋の『黒門市場』が外国人、特にアジア圏の外国人に人気となっているそうです。

スマステーション 日本人が知らない!外国人がわざわざ集まる人気急上昇スポット ランキング2016(2016/5/21)で紹介してました。


Sponsored Links



スマステーションのランキングでは2位。結構人気ですね。『黒門市場』は現在、中国や香港、台湾などのアジアからの観光客で賑わっているのだとか。

『黒門市場』は鮮魚店や青果店などおよそ180店舗が軒を並べ、食いだおれの街、大阪を支えている巨大市場。

現在格安航空会社の普及によってアジア圏からの関空への直行便が増便しており、大阪へのアクセスが良くなったので、外国人入国者数が増加し、大阪に観光に来た外国人が食いだおれの街を楽しもうと、たくさんの外国人がここ『黒門市場』へ足を運んでいるそうです。

スマステでは『黒門市場』で外国人に人気のお店として3店舗が紹介されました。

  • まぐろや黒銀
  • 丸善食肉店
  • 西川鮮魚店

『まぐろや黒銀』は毎日目利きしたマグロを仕入れ、店頭で豪快に捌いてくれるお店。人気の商品は、稀少部位カマトロを惜しげもなく使う『カマトロにぎり寿司』や『大トロ刺身』、特に外国人に人気なのが大トロ、中トロ、赤身がのった『本まぐろ三色丼』。

大阪府大阪市中央区日本橋2-11-1

まぐろや黒銀

『丸善食肉店』は精肉店ながら買ったお肉をその場で無料調理してくれるお店。コレ、買ってもその場で食べるしかない外国観光客への対応とのこと。

『丸善食肉店』では神戸牛や黒毛和牛などの高級和牛を取り扱っており、実は海外では神戸牛を食べるのがステータスとなっているそうで、お陰でこのお店、連日外国客で大行列になっているそうです。

一番人気は『神戸ビーフサイコロステーキ』。

大阪府大阪市中央区日本橋2-11-2

『西川鮮魚店』は目の前で新鮮なウニや牡蠣を開いてくれれるお店。一番人気は北海道産のおおぶり『紫ウニ』。その場で開いてスプーンで食べることができます。

大阪府大阪市中央区日本橋2-3-4

ちなみに黒門市場は夕方7時には閉めてしまうお店が多いそうなので、夕飯食べようとして行ったら閉まっていたということがないように注意しましょう!