夕陽岡の寿司屋こいき、天王寺の夜は実は・・・

スポンサーリンク

大阪の天王寺、夕陽岡にある寿司屋さん、『こいき』。

今ちゃんの実は・・・今田知らない大阪 銭湯中心の天王寺の夜は実は・・・(2015/6/17)で紹介のお店。


Sponsored Links



『こいき』は創業14年(2015年当時)、お客さんの迷惑にならないようにとテレビ取材はこれまで断ってきていて、今回は初のテレビ取材。

まず出てきたのは『大間のウニ』(500円)で、津軽海峡育ちの稀少な大間産ムラサキウニを使ったお寿司。風味を損なわないようにと海苔で巻かず、海藻で作った藻塩でいただきます。シャリには幻と言われる粒の大きい岐阜県産「はつしも」。使う酢は赤酢で、ご主人が2年間熟成させ、カドとれてまろやかに仕上がるのだとか。

お次は『活アカヤギ貝』(300円)。関西ではお目にかかることは珍しい北海道産のアカヤギ貝を使った一貫で、アカヤギは加熱すると甘くなる性質から、アカヤギのの片面をさっと炙って、さっと仕上げているそうです。試食では軽く炙ったことでめちゃくちゃ香りがたっているとのこと。

銭湯ですすめていた名物『煮うなぎ』(500円)。14年間継ぎ足しして使っている煮うなぎ専用の煮汁でうなぎを30分間煮て、最後に炙って香ばしく仕上げたうなぎを使用。サバンナ高橋さんの感想では、柔らかく絶妙の甘さで名古屋のひつまぶしを超えたうなぎと絶賛でした。

ちなみに『こいき』ではおまかせで注文する、3品のアテと11貫で8,000円からの『おまかせコース』があるそうです。

【こいき】

大阪府天王寺区西天王寺1-7-15 オーキッドコート夕陽丘1F

こいき