面倒見の良い女将の居酒屋、わらじや 天王寺の夜は実は・・・

大阪の天王寺駅の東がわの路地にある居酒屋『わらじや』。

今ちゃんの実は・・・今田知らない大坂 銭湯中心の天王寺の夜は実は・・・(2015/6/17)で紹介のお店。


Sponsored Links



銭湯で、『わらじや』は実家のような感じで、面倒見の良い女将がいて、説教までしてくれる居酒屋なんだとか。

創業は48年。天王寺が再開発される中、その遥か昔からオープンしつづけている老舗の居酒屋で、女将は74歳。歴史を感じますね。

オススメはサザエ。『サザエの刺身』2000円。

普通のサイズではなく特大で、尾鷲産の海で育った3年物100gもあるが、8年物500gもいただけるそうです。

板長のお姉さんがあまさんで、伊勢海老を獲るついでにサザエを獲って送ってくれるので、こんな特大サザエが提供できるのだとか。

黒くなっているところがコリコリ、中はやわらかで抜群に美味い!とのこと。

他にもあまさんのお姉さんから送られてくる、伊勢海老など三重県尾鷲から直送の海の幸が楽しめます。紹介されたメニューは、『伊勢エビしゃぶしゃぶ』3500円、『目板カレイから揚げ』880円、『あわびバター焼き』時価。

また『わらじや』の女将は和歌山まで山菜を採りに行くそうで、食べて欲しいということで常連客に山菜料理を振舞うこともあるそうです。

【わらじや】

大阪府大阪市阿倍野区松崎町2-3-19

わらじや