父に京都随一と呼ばれる魚の仲買人を持つ才能溢れる若大将の祇園のお店、ぎをん遠藤

京都市祇園の楽宴小路にあるお店『ぎをん遠藤』。

今ちゃんの実は・・・今田知らない銭湯中心の京都・三条の夜は実は・・・(2015/11/11)で紹介のお店。


Sponsored Links



『ぎをん遠藤』の大将は19歳で祇園の割烹の料理長を任せられ、26歳で独立、現在30歳の若き天才料理人。父に京都随一と呼ばれる魚の仲買人を持ち、良い魚が手に入るルートを持っているとのこと。

コースはなくアラカルトで。仕入れに合わせてその日1番の食材をふるまってくれるそうです。

当日のオススメは明石鯛でした。実家の水槽で1日寝かせてから水浅にてシメ、シメたその夜に最高の状態でお店に並ぶとのこと。

紹介された明石鯛のメニューは、『鯛のお造り』と『明石鯛のお頭焼き』。

『鯛のお造り』は包丁の入れ方で身はブリブリ、筋が残らず、旨味がしっかり。

『明石鯛のお頭焼き』は遠火でじっくりと20分間焼き上げたお頭焼きで、鯛の脂が染み渡っており、皮が香ばしく焼き上がって絶品とのこと。

他にも『お造りの盛り合わせ』『あさりのお椀もの』『牡蠣フライ』『キンメの煮付け』を紹介。

シメは『鯛茶漬け』。鯛を焼いたお頭からとった出汁を使ったお茶漬けで、出汁がめちゃくちゃ美味しい至極のシメとのことでした。

【ぎをん遠藤】

京都府京都市東山区祇園町北側347-118楽宴小路内

ぎをん遠藤