神戸岡本の鍋料理店、大阪島之内の適正価格HOWマッチ!?

スポンサーリンク

これまた久々のビーバップハイヒールの適正価格HOWマッチ!?(適正価格ハウマッチ!?)を放送。1軒目の挑戦者は、神戸岡本のお鍋屋さん『大阪島之内』。

看板メニューは『九州産黒毛和牛特選すき焼き』。


Sponsored Links



ビーバップハイヒールの適正価格HOWマッチ!?とは、ビーバップハイヒールの価格選定委員が実際の値段を知らずにお店の看板メニューを食べて一人ずつ値段を出し、その三人の平均価格を適正価格とする企画。

神戸の岡本は、学生が多くてお洒落に敏感なお店が多いとのこと。

『大阪島之内』は家族で鍋をつつける家族団らんの場を提供することをコンセプトにした季節の鍋料理が堪能できるお店。

『大阪島之内』の店主の祖父が、大阪ミナミの島之内で呉服問屋をやっていたので、お店の名前を大阪島之内にしたのだそうです。

今回、味は自信があるものの価格設定が難しくて、相談したいがためにこの「適正価格HOWマッチ!?」に応募したのだとか。

『大阪島之内』の看板メニュー『九州産黒毛和牛特選すき焼き』は、九州黒毛和牛霜降り肉を使用するすき焼き。このすき焼き、特製割り下をメインにしており、この割り下に合う肉を捜していたところ、この上質な牛肉にたどりついたのだそうです。なのであえてしゃぶしゃぶにも使える高級な黒毛和牛霜降り肉を使っているとのこと。

割り下は自家製で、赤ワインと日本酒をベースとし、最高級利尻昆布を入れて味に深みをだしたもの。

他の食材も、鳥取産白ネギ、淡路産たまねぎ、徳島産白菜、奈良県産こんにゃくなど厳選したものを使用し、使う卵は濃厚な卵黄の三重県産地鶏卵。

この『九州産黒毛和牛特選すき焼き』の試食では、肉はふわふわで口の中を優しくまとわりつき、鼻にはちゃんと割り下の味がきちっと残る食感とのことでした。

店主によると、時間がたつほどもっと煮汁が出てくるので、割り下の味にどんどん深みが出てきて、食べたら食べていくほど美味しく変化していくとのこと。最後に入れて食べるうどん(別料金)は最高に美味いそうです。

で、実際の価格4212円に対してビーバップ適正価格は2893円(あまから手帖顧問の門上氏:2700円、ウォーカー統括局長の玉置氏:3500円、グルメブロガーのイケル氏:2480円)で、マイナス1319円の不適正価格でした。

岡本という場所が適正価格を低くした原因のようです。

2893円で高級黒毛和牛のすき焼きが食べれるのは凄いですね。ホントにこの価格でやってけるのでしょうか?心配になります。

ちなみに『九州産黒毛和牛特選すき焼き』は要予約なのでご注意を。

【大阪島之内】

住所:兵庫県神戸市東灘区本山北町3-5-6 ホクヨウビル3F