池田市能勢街道の創業152年の老舗うどん屋、吾妻

古い歴史ある街道、池田市能勢街道にある老舗うどん屋、『吾妻』。

大阪ほんわかテレビ 秋のグルメSP 関西100年の名店(2016/9/30)で紹介のお店。


Sponsored Links



能勢街道は江戸時代に関西でも有数の人と物資が行き交った街道。この能勢街道に150年以上続いているというのが大阪最古といわれるうどん屋『吾妻』。

近代的なマンションの下に昔の名残を残したまま建っているのが非常に印象的。

看板メニューは暖簾に掲げている『ささめうどん』(700円)。

あの谷崎潤一郎氏の奥さんがこの『吾妻』に来店し、それがきっかけで谷崎潤一郎氏の「細雪」から名前をもらい『ささめうどん』と名付けたのだとか。

出汁はとっくりに保管。一升徳利は口が細いのでカツオの風味が抜けにくいのだそうです。

カツオ・サバ・イワシ・いりこの4種類を特別にブレンドした削り節を、毎朝北海道南産真昆布でとった出汁を合わせ、徳利に一升ずつ小分け。小分けにしておくと、使う分だけを温め直すことができ、更に出汁が煮詰まることなく味が均一になる効果もあるとのこと。

『ささめうどん』には、具材が麺がまったく見えないほど敷き詰められ、その具材は、油あげ、かまぼこ、生姜、すりごま、塩昆布など7種類。

汁は、細いうどんに出汁が良く絡むようにとろとろの薄めのあんかけ風。ささめうどんの名のごとく細いうどんがそれぞれの具材と味が混ざらないための工夫とのこと。

インパクトあるうどんながら、品があり、のどに旨味がす~っと残る味わいなんどあとか。

150年以上続く老舗のうどん、気になります。

【吾妻】

住所:大阪府池田市西本町6-17

吾妻