兵庫県朝来市生野町の崖っぷちマイナーグルメ、生野ハヤシライス

スポンサーリンク

兵庫県朝来市生野町のマイナーグルメは『生野ハヤシライス』。

す・またん!関西マイナーグルメ、やりすぎメニュー&なつかしの味(2016/9/15)で紹介のオムレツ。


Sponsored Links



生野ハヤシライスの歴史と食べられるお店

『生野ハヤシライス』は12年前からあるのになかなか有名にならないご当地グルメ。復活を目指している崖っぷちグルメとのこと。

かつて生野町は銀の採掘で賑わった町。東京からも多くの作業員がやってきていて、その頃、都会のハイカラな洋食としてハヤシライスが広まったのだとか。

そのハヤシライスを復活させようと開発。開発当初はイベントでも話題となり、生野町の14店舗で『生野ハヤシライス』を提供。しかし今や予算不足によってPRができず、高齢化もあって次々と閉店したそうです。

生野市で『生野ハヤシライス』を食べることのできるお店として紹介されたのは・・・

  • 魚ヶ滝荘
  • レストラン マロニエ
  • 七笑

魚ヶ滝荘の生野ハヤシライス

『魚ヶ滝荘』の生野ハヤシライスは、『魚ヶ滝荘 生野ハヤシライス』(850円)、要予約。店主が小2のときに友人宅で食べたハヤシライスに衝撃を受け、懐かしの味を再現。玉ねぎの甘み、コクがあって美味いとのこと。

【魚ヶ滝荘】

住所:兵庫県朝来市生野町上生野魚ヶ滝671

レストラン マロニエの生野ハヤシライス

『レストラン マロニエ』は、野菜やお肉をたっぷり使った具沢山ハヤシライス、『マロニエ 生野ハヤシライス』(850円)。食べ応えのあるハヤシライス。

【レストラン マロニエ】

住所:兵庫県朝来市生野町小野33-5

七笑の生野ハヤシライス

七笑の生野ハヤシライスは、ちょっと変わったハヤシライスの『ハヤおむ』(380円)。おむすびにしたハヤシライスで、但馬牛の牛すじと玉ねぎ入りのハヤシを3層に分けて握ったおむすび。

【七笑】

住所:兵庫県朝来市生野町口銀谷2116-2