彦根市の有名じゃないけど美味しいB級グルメ、ひこね丼

スポンサーリンク

す・またん!(ZIP!)を観ていたら、発見!関西丸秘B級激うまグルメをやってました。

1番目は、滋賀県彦根市のひこね丼。


Sponsored Links



ひこね丼・・・聞いた事ないですねぇ。

ひこね丼、ひこにゃんがPRするぐらい彦根市が推すB級グルメのようですが、彦根市のメジャーB級グルメである近江ちゃんぽんのカゲに隠れ、また彦根市に来て食べてもらいたいということもあり、マイナー路線を歩んでいるようです。

何か中途半端な気も。

このひこね丼は、彦根市の市民からレシピを募集し、応募総数200件以上の中から10種類を選び出し、ひこね丼として認定されたものとのこと。

ン?10種類・・・。なんと、ひこね丼は、10種類もあるそうです。

まず紹介されたひこね丼は、いろどりの「ひこね赤鬼丼」。

滋賀名物赤こんにゃくのカツをトッピングした丼ぶり。とろとろに煮込んだ近江牛のスジ肉を周りにかけ、ご飯はふっくらと炊き上げた近江米のご飯。

次に紹介されたのは、たちばな食堂の「ひこね丼」。甘辛く煮込んだ近江牛のスジ肉と赤こんにゃく、たまご、ネギと一緒にさっぱりと食べられるとのこと。付いているスープをかけると、ひつまぶし風(「ひつまぶし風ひこね丼」)に食べられるのだとか。

もう一つは、茶里奈の「ひこねちらし丼」。琵琶湖でしか獲れない幻の魚、ビワマスの燻製を使ったひこね丼とのこと。

【いろどり】

滋賀県彦根市戸賀町143-4

【たちばな食堂】

滋賀県彦根市本町1-7-34 4番町ダイニング1F

【茶里奈】

滋賀県彦根市外町170-1 ビジネスホテル彦根の