幻のラーメン、2017年は後3日で終了!和歌山のラーメン倉庫

和歌山県伊都郡かつらぎ町の幻のラーメン屋、『ラーメン倉庫』。

ちゃちゃ入れマンデー 関西で冬なのにあの人だかりは何だ!?SP(2017/2/21)で紹介してました。


Sponsored Links



日曜日午前10時ごろ、気温は4℃、まだオープン前というのに前世代のお客、約30人の人だかり。

『ラーメン倉庫』の和歌山ラーメンは、季節限定、2月~3月の日曜日のみしか営業しないということから幻のラーメンと呼ばれています。その幻のラーメンを求めて、全国各地から、この和歌山の山奥にやってくるお客多数。

『ラーメン倉庫』のご主人は、普段は柿や桃などを栽培している果樹農家。ラーメンが好きすぎて、15年間ラーメンを研究し、7年前から期間限定でラーメン屋をオープン。研究に研究を重ねたラーメン、プロ顔負けの美味しさとのこと。

『ラーメン倉庫』の『和歌山ラーメン』(600円)のスープは、10時間以上煮込んだとんこつスープ。臭みが少なく、コクと旨味の広がるスープとのこと。

いつか食べてみたいと思っているラーメンなんだけど、やってる期間が短すぎるんだよなぁ。

【ラーメン倉庫】

住所:和歌山県伊都郡かつらぎ町笠田中735

ラーメン倉庫