燻製たまごかけご飯が絶品!燻製イナダ商店 福島の夜は実は・・・

スポンサーリンク

大阪市福島区にある燻製専門店『イナダ商店』。

今ちゃんの実は・・・大阪銭湯中心の福島の夜は実は・・・(2017/5/3)で紹介。


Sponsored Links



『燻製イナダ商店』を教えてくれたのは、福島食べ歩き歴8年、ブライダル関連会社経営30代男性。

『イナダ商店』は今年3月にオープン。カウンター7席、テーブル16席。ご主人は燻製マスター。燻製の王様と言われる燻製技術、「冷燻」を駆使し、素材を最大限に活かしているという。

「冷燻」とは、火を使わず、温度を30度以上に上げずに燻製する方法。食材が痛みやすい温度で燻製するために、温度・湿度の管理が重要となり、難易度が高い究極の燻製方法。

人気メニューは10日間熟成させたラム肉を12時間冷燻した『かぶりつきラムチョップ』(1,300円)。煙がラム肉の癖を抑え、じっくりと浸透しているため、後で火を入れると芳醇な香が一気に広がるとのこと。煙っぽい感じはなくて香ばしく、ラム自体はとても柔らかいのだとか。

『燻製タラコのパスタ』(1,200円)は、冷燻で8時間燻製した『燻製生たらこ』をふんだんに使ったパスタ。他では味わえない究極の一品とのこと。

ブライダル関連会社経営30代男性がオススメの『燻製卵かけごはん』は、溶きたまごを燻製してご飯にかけたもの。

ダッチオーブンで「国産和牛モモ肉」を「溶きたまご」と一緒に1分間燻製。絶妙な火加減で仕上がった牛肉を燻製された溶きたまごにつけていただく『和牛モモ肉の瞬間燻製』(2,100円)。このお肉を食べた後のお肉の旨味が加わった燻製たまごで作るのが『燻製卵かけごはん』。

リゾットのような卵かけご飯で、燻製の香りがとてもよくわかる一品とのこと。

燻製の卵かけご飯という発想が素晴らしすぎる!

【燻製イナダ商店】

住所:大阪府大阪市福島区福島3-11-24