チョコレート専門店のひんやりスイーツ、ショコラ・ベル・アメールの「キャラメリゼしたバナナとショコラのミルフィーユ -196℃でつくるショコラのアイスクリーム添え」

暑い夏に食べたい!京都にあるチョコレート専門店の『ショコラ・ベル・アメール 京都別邸』の氷点下スイーツ!!

す・またん!(ZIP)関西スイーツファイル今食べたい”ひんやり”スイーツ(2017/7/22)で紹介。


Sponsored Links



『ショコラ・ベル・アメール 京都別邸』は京都でも有名なチョコレート専門店。こちらのひんやりスイーツは『キャラメリゼしたバナナとショコラのミルフィーユ -196℃でつくるショコラのアイスクリーム添え』。

液体窒素にてショコラアイスクリームを-196℃まで凍らせ、バナナとショコラのミルフィーユを添えたスイーツ。

注文が入り次第ボールに入った常温のショコラクリームに液体窒素をかけて瞬時に冷凍。このパフォーマンスを目の前でやってくれます。

お味は・・・濃厚だけど甘さは控えめ。バナナの方が甘いくらいで、チョコレートはビター。大人の味のスイーツとのこと。

【ショコラ・ベル・アメール(パン・ド・サンジェ)】

住所:京都府京都市中京区三条通堺町東入ル北側 桝屋町66

ショコラ・ベル・アメール