進化系綿菓子 京都の綿菓子専門店 ジェレミー&ジェマイマのwata-hako

スポンサーリンク

インスタ映え抜群の進化系綿菓子、綿菓子専門店『ジェレミー&ジェマイマ(JEREMY & JEMIMAH)』の『wata-hako』。

す・またん!(ZIP!)関西スイーツファイル(2017/9/14)で紹介。


Sponsored Links




京都東山三条、古川町商店街にある『ジェレミー&ジェマイマ 古川町商店街店』。

『ジェレミー&ジェマイマ』の『wata-hako』(900円)は箱に入った綿菓子。まるで玉手箱のような箱に鮮やかな綿菓子がギュッとつめられていて、インスタ映え抜群。

綿菓子は梅干し、薔薇、コーヒーなど全部で10種類あり、この中から2種類選択。綿菓子を箱に詰めた後にドライフルーツやハーブなどでデコレーション。

綿菓子にはザラメから開発しており、綿菓子自体にしっかりと味がついているとのこと。ザラメは、テイストごとに開発しており、綿の繊維が少なくなるように開発した特注の機械に入れてふわふわに。

桜餅は桜餅の味がしっかりとし、抹茶はしっかりと抹茶味。綿菓子はかなりキメ細やか。可愛らしく、甘すぎず、美味しいとのこと。

お持ち帰りもOK。

【ジェレミー&ジェマイマ(JEREMY & JEMIMAH )古川町商店街店】

住所:京都府京都市東山区下弁天町51-4

JEREMY & JEMIMAH