オリバーソースの接客グルメ、ソースで食べる明石焼きの店 名代たちばな

神戸市にある明石焼き専門店『名代たちばな』は、出汁ではなくソースで食べる明石焼きのお店。

今ちゃんの実は・・・一流企業の営業マンがおもてなしする極上の”接客グルメ”は実は・・・(2017/10/4)で紹介。


Sponsored Links



オリバーソースは、関西老舗のソースの会社で、濃厚なソースを発明し、関西の粉もん文化を支えてきた一流企業。

そんなオリバーソースの敏腕営業マンが、おもてなしに使うソースの名店の3軒目が『名代たちばな』。

『名代たちばな』は創業61年。たまごベースの生地を熱伝導の高い銅板で焼き、職人技で崩れそうで崩れないぷるっぷるの絶品の『明石焼き』(620円)。

『明石焼き』は出汁とソースでいただく。

2種類の鰹節とブレンドした出汁は料亭のおすましのような味わいとのこと。しっかりとした出汁で香り高い。

シメにソースで。ソースは甘口と激辛。明石焼きにソースをかけて出汁につけて食べます。

甘口ソースは、出汁の美味さはそのままで、そこにソースが加わり、甘みがあって安心感のある味わいとのこと。

激辛ソースは、凄く刺激的な味ながら明石焼きがマイルドで、出汁が染み込んでくるとめちゃ美味いのだとか。

甘口ソース×激辛ソース×出汁で明石焼きが5倍楽しめるとのこと。

【明石焼き専門店 名代たちばな】

住所:兵庫県神戸市中央区三宮町3-9-4

たちばな