秋の京都の行列の漬け野菜ランチ、isoism(イソイズム)

スポンサーリンク

秋の京都の行列グルメのお店、『isoism(イソイズム)』。

ちゃちゃ入れマンデー、秋の京都の人だかりを大調査!(2017/11/14)で紹介。


Sponsored Links




『isoism』は、京都駅から徒歩5分。人だかりは、土曜日昼の11時半頃に、女性中心約15名。

インスタ映えすると人気なのが漬け野菜ランチ『イソイズムのおひるごはん(漬け野菜12種類、スープ、炊き込みご飯付き)』(1,800円)。

漬物のイメージはお酢漬けですが、『イソイズム』の「漬け野菜」は野菜に合わせて漬け方を変え、それに合う食材を組み合わせているとのこと。

九条ネギは西京味噌で漬けてシメ鯖と一緒にいただき、玉ねぎは酒粕で漬けてイクラを乗せ、京トマトは白ワインで漬けて水牛モッツァレラといただき、さつまいもは蜂蜜で漬けてクリーム&ナッツでいただきます。

野菜は自家農園で作る京野菜が中心。季節ごとに様々な食材が楽しめるとのこと。一つ一つの茶材が生きていて漬物って感じじゃなく、創作食べ物。

ランチに付いている炊き込みご飯は、土鍋で炊いた季節の炊き込みご飯。

来店する場合、事前に予約しておいた方がよいみたいです。

【isoism(イソイズム)】

住所:京都府京都市下京区七条通烏西入中居町114

isoism