究極のタレを使うしょうが焼き、京都 ビストロ セプトの大人の極上ポークジンジャー

ごきブラ(ごきげん!ブランニュ)の最後の晩餐、関西究極のしょうが焼き編2番目は、京都にあるビストロ セプトの大人の極上ポークジンジャー。

ゲストは古田敦也さん。


Sponsored Links



ビストロ セプトを紹介したのは、関西グルメの重鎮、あまから手帖の編集顧問の門上武司。

その門上さん曰く、ビストロ セプトの大人の極上ポークジンジャーは、究極のタレを使ったしょうが焼きとのこと。用いる一級品の豚肉の味わいを高めるソースなのだとか。

その究極のタレの中身は、ニンニク、レモン、醤油、砂糖。ニンニクの 強い風味、レモンの清涼感、醤油のコク、砂糖の甘味が効いたしょうが焼きに合った最高のタレ。中身が分かっていても、絶対に他人には作れないということで、タレの作り方に究極のタレの秘密が潜んでいるようです。

実は、ビストロ セプトのシェフはフランスで修行していた本格派のシェフだそうで、その中でこの究極のタレにたどりついたのだそうです。

大人の極上ポークジンジャーは、肉は厚め、究極のタレによって爽やかな酸味とパンチが効いた甘辛の濃い味が口の中を満たし、その後に一気に清涼感が広がる究極のしょうが焼きとのことでした。

【ビストロ セプト(bistro Sept)室町三条本店】

京都市中京区室町三条下る烏帽子屋町485番地

http://bistro-sept.jp/

ぐるなびネット予約