京都駅直結グルメ、原了郭のとり天カレー

スポンサーリンク

新幹線京都駅直結の「京都おもてなし小路」にある『原了郭(はらりょうかく)』の人気の『とり天カレー』。

スマステーション 旅に行ったら立ち寄りたい!新幹線の駅直結グルメスポット(2017/4/29)で紹介。


Sponsored Links



「京都おもてなし小路」は、新幹線八条口を出てすぐ。「京都おもてなし小路」の中ほどに『原了郭』はあります。

『原了郭』は、1703年創業、300年以上の歴史を誇る老舗香辛料専門店。お店の代名詞となっている「黒七味」(本筒6g, 972円)は、唐辛子やゴマなど7種類の材料を一子相伝の製法により炒り、独特の色と香ばしさを実現した香辛料。お土産としても名高いとのこと。

『とり天カレー』(1296円)は、駅直結のこのお店だけで販売。

『とり天カレー』の人気の秘密は、老舗香辛料専門店の知恵が詰まったスパイスのプロが作る京風カレーであること。

京都のブランド牛肉、京都肉の牛すじ肉を赤ワインでじっくりと煮込み、そこにリンゴや玉ねぎなどをすりおろした特製野菜のペーストを投入することでフルーティーな味わいに。仕上げにカツオブシや昆布など和の素材を盛り込んだ特製和風カレースパイスを投入。これを数日間寝かせてカレールーの完成。

具材に使用する京野菜で有名な九条ネギは、昆布だしにさっと通し、辛味を抑えながら風味をつけることで、香りが強いもの同士の九条ネギとカレールーの相性を向上。

また、和風スパイスとの相性を考え、関西ではかしわ天として親しまれている鶏の天ぷらを使用。

こうして出来たこだわりの『とり天カレー』は、辛さ控えめ、フルーティーな味に仕上げられたカレーと「黒七味」の香ばしい辛味との組み合わせは『原了郭』ならではとのこと。

更に嬉しいことに、このお店では「黒七味」をはじめ、『原了郭』自慢の香辛料の数々が使い放題だそうです。

【原了郭 アスティロード京都店】

住所:京都府京都市下京区東塩小路高倉町8-3 アスティロード京都 1F

原了郭 アスティロード京都店