開店しても買えない!? 杏っ子の鉄鍋ギョウザ ごきブラ究極の晩餐

ごきげん!ブランニュで哀川翔の最後の晩餐、究極の京都餃子編の3軒目は、開店前にすでに売り切れているという幻の餃子を紹介。

幻の餃子とは、杏っ子の鉄鍋ギョウザ。


Sponsored Links



杏っ子を紹介してくれたのは、京都ホテルオークラのコンシェルジュ。

杏っ子の鉄鍋ギョウザは全て手作りで作られる餃子で、1日に約240個しか作れず、予約の時点で全てなくなってしまうのだとか。

鉄鍋ギョウザの餡は、店主が研究に研究を重ねてたどり着いたという究極の餡。ショウガ、干ししいたけの粉、塩、砂糖、オイスタソース、五香粉(ウーシャンフェン)、とりやさいみそなど約10種類の調味料を使用して作るそうです。

オイスタソースってのは意外ですね。

生地には一晩寝かせた生地を使用。味と食感が良くなるそうです。この生地を一枚一枚丁寧に伸ばしていくので、めちゃくちゃ時間がかかるのだそうです。

この餃子を鉄鍋で焼き上げて完成。焼き上げのパリパリ感が素晴らしい餃子に仕上がるのだとか。

試食の感想ですが、パリパリで食感が凄くよく、香りもとてもよく、中身がものすごく個性を出している餃子とのことでした。

【杏っ子】

京都市中京区恵比須町422-1 ル・シゼームビル2F

杏っ子