1000円以下の大人気肉ランチ、京都伏見区のにんにく豚丼

京都市伏見区にある豚丼専門店『にんにく豚丼 京都・西浦』。

スマステーション、1000以下で大人気、肉ランチvs魚介ランチ(2017/2/25)で紹介。

『にんにく豚丼』は専門店ならではの豚肉の調理方法で調理。店主厳選の脂身と赤身が綺麗な層になっている国産豚バラ肉を、余分な脂を取り除きつつ、焼いたときに肉の旨みを閉じ込めるためにサッと湯通し。

タレには、ジューシーな豚肉と相性抜群のまろやかなニンニクダレ。醤油。お酒などを沸騰させずにじっくりと2日間煮詰め、ニンニクを合わせたもの。

注文が入ったタイミングで、特製ニンニクダレで煮るように豚肉を炒め、豚肉の芯までニンニクダレを染み込ませます。

ご飯は約1合分の350g盛り付け、豚肉はどんぶりから溢れんばかり乗せて『にんにく豚丼』(690円)の完成。ボリューム感あっての690円はお安い。

もっとお肉が欲しい人には、肉量が倍の『にんにく豚丼(肉増し)』(940円)がオススメとのこと。

【にんにく豚丼 京都・西浦】

住所:京都府京都市伏見区深草西浦町2-90 コーポ西浦 1F

にんにく豚丼 京都・西浦