天満鍋-1グランプリ、ツキと寿っぽんの痛風鍋

スポンサーリンク

グルメ激戦区天満にある鍋専門店『ツキと寿っぽん』の『痛風鍋』。

今ちゃんの実は・・・今田知らない大阪銭湯中心の天満の夜は実は・・・天満鍋-1グランプリ(2018/1/24)で紹介。


Sponsored Links



『ツキと寿っぽん』を紹介してくれたのは、天満食べ歩き歴7年の50代メーカー社長。3年前にオープン。看板はなく完全予約制。月とスッポンの絵が目印。

切り盛りする女将は、OLから転身。大阪の和食店で猛修行し、3年前にこの店をオープン。こだわりの鍋を振る舞っているのだとか。

看板メニューが『痛風鍋』。名前の通り、痛風が起きそうな豪華絢爛鍋。鍋には、北海道産のアン肝をはじめ、白子、牡蠣、ワタリガニ、ホタテ、鯛、海老、野菜など15種類の食材の旨みがたっぷり。

スープは具材の旨みが溶け込んで濃厚。出汁にはすっぽん丸ごと1匹と甘味のある淡路島産の玉ねぎをたっぷりと使い、具材が更に美味くなる極上スープなのだとか。

どれも主役級の具材が雑多に入っているので1個1個はたいしたことないかもと思いきや、全てが主役としていただけるのだとか。

シメには『雑炊(麦飯入り)』。豪華絢爛鍋の出汁を吸い、味を足したいという気持ちがまったくないほど旨みが引き出ているのだそうです。

『痛風鍋コース』は、この鍋に前菜やローストビーフもついて6,800円。

他にも、もずくたっぷりの『たこしゃぶもずく鍋コース』(4,800円)やすっぽんを1匹使ったコラーゲンたっぷりの『すっぽんコース』(7,900円)など、贅沢極まりない極上鍋を個室でゆったりと堪能できるとのこと。

【ツキと寿っぽん】

住所:大阪府大阪市北区池田町6-17 2F

ツキと寿っぽん