象印1流営業マンの接待グルメ、究極のラーメンライスが味わえる大陸風

象印魔法瓶の1流営業マンが紹介する中華料理店『大陸風(タァルゥフォン)』。

今ちゃんの実は・・・極上の接待グルメは実は・・・(2018/1/17)で紹介。

創業100年目の老舗企業の象印魔法瓶は炊飯器のシェア日本一。そんなご飯にこだわりを持つ象印の1流営業マンが接待で使うお店、3件目に紹介されたお店が『大陸風』。

『大陸風』の料理長は、中華料理の本場中国で腕を磨いた本格派。唐辛子を数種類使用し、巧みに素材の味を引き出しているのだとか。

そんな『大陸風』では、満腹でも食べたくなる鉄板のシメ、究極のラーメンライスが味わえるという。

まず注文するのは『ラーズ麺』(1,000円)を。甘辛いひき肉に、大量の唐辛子。高温の油をかけ、旨味と香りを引き出した日本では珍しい麺料理。

麺はもちもち。ナッツ類もあり、程よい辛味。辛味成分よりも旨味成分が強い韓国産を使用しているため、旨辛い仕上がりに。程よい辛味が食欲をそそるとのこと。

究極のラーメンライスは、この『ラーズ麺』の残りダレに豪快に白ご飯を入れたもの。辛味がより薄まり、食感を含めてバージョンアップしたような最強ご飯だそうです。

【大陸風(タァルゥフォン)】

住所:大阪府大阪市北区天神橋2北1-9

中国郷菜館 大陸風