六甲エリア注目の新ラーメン店、阪神新庄家駅のすぐ前、麺や一芯

今年1月11日にオープンしたばかりの六甲エリア注目の新ラーメン店、『麺や一芯』

す・またん!関西ラーメンファイル、阪神間のニューフェイス(2018/3/7)で紹介。

『麺や一芯』は阪神新庄駅のすぐ前にあり。さすが今年オープンしたばかりなので、お店の中はめちゃ綺麗。

紹介されたラーメンは『おしげ醤油』(800円)。なんか変わった名前の醤油ラーメンですが、名前の由来は店長の苗字『松重』から、スタッフが面白がって名づけたらしい。

スープははかた地どりに煮干しやサバ節などの魚介をプラス。使う醤油は、島根県産、兵庫県産など日本中から取り寄せた4~5種類の醤油をブレンドしたもの。

魚介と醤油の絶妙なバランス。煮干しによってビターな味わい。

麺は中細ストレート麺。小麦の風味がきいて、もちもちのちゅるちゅるの食感。滑りがよくてちゅるんちゅるん。

チャーシューは脂身の多い豚バラのとろとろに煮込んだ煮豚風チャーシューと肩ロースの焼き豚風チャーシューの2種類。

昔ながらのストレートな美味しい醤油ラーメンって感じとのこと。

関西では珍しいしっかりと魚介をきかせた醤油ラーメンを食べたい方は、このお店へ。

【麺や一芯】

住所:兵庫県神戸市灘区浜田町3-4-5

麺や一芯