大阪福島の高架下のいか焼き居酒屋 どにを

大阪の福島区の高架下にあるいか焼き居酒屋、『どにを』。

今ちゃんの実は・・・タクシー深夜グルメ from 大阪福島(2018/4/11)にて紹介。

今回、肉が苦手な小薮さんが参戦。よって、肉系の料理は今回あまりなし。

『どにを』に連れて行ってくれたのは、日光のタクシー、ドライバー歴11年の運転手。福島の高架下はグルメ激戦区らしい。

『どにを』はカウンター5席、テーブル36席、深夜1時まで営業。

専用のいか焼き器でたっぷりのイカをプレスして焼く『いか焼き』(250円)は、オリジナルブレンドの極深いソースがたまらない一品。常連客の誰もが注文するという看板メニューとのこと。

他には、『鶏唐らっきょタルタル』(480円)、『塩マーボー豆腐』(380円)、『炙りしめ鯖』(720円)など、リーズナブルでお酒との相性抜群の料理がたくさん。

もう一つの名物は『浜松餃子』(350円)。キャベツがたっぷり、シャキシャキとした食感が特徴とのこと。

浜松流で、もやしとネギと一緒に食べるのだとか。なんか、美味そう!

フルコース(12,000円)は、他にも『雉と鳥節のブロードみぞれ餡仕立て ホタルイカ タラの芽フリット』『赤身牛肉ロースの炭火ローストワサビオイル』など極上料理が9品も。

【どにを】

住所:大阪府大阪市福島区福島7-11-51 福ろうじ内

どにを