和歌山県御坊市のご当地お好み焼き、やましたのせち焼き

和歌山県御坊市のご当地お好み焼き、『元祖せち焼き やました』の『せち焼き』。

千原ジュニアの輝け!KANSAI美味いもんアワード2018(2018/4/28)にて紹介。

なんと!創業60年の『元祖せち焼き やました』。こちらの元祖『せち焼き』は地元で長らく愛され続けているご当地お好み焼き。

ご当地お好み焼きとのことですが、お好み焼きとはちょっと違う。

まず焼きそばをドーナツ状に広げ、卵を2つ入れ、卵だけで固めていきお好み焼き状に。

「せち」とはこの地方の方言で、ごちゃまぜにする、かむちゃくちゃにするという意味があるとのこと。

『やました』の初代のお母さんが、お客に「焼きそばに卵せちごうて」と言われ、生まれたのがこの『せち焼き』なのだとか。早く焼けるとして、せっかちだった初代お母さんのアイデアの賜物。

『ミックスせち焼き』(820円)は、卵の甘味がしっかりと感じられる人気メニュー。創業当時から伝わる自慢の味らしい。

この『せち焼き』、なんと1日で200枚以上の売り上げがあることも。

【元祖せち焼き やました】

住所:和歌山県御坊市湯川町財部49-12

元祖せち焼き やました