豚の清湯スープのラーメン、京都のらぁ麺すぐるの醤油らぁ麺

有名店『らぁ麺とうひち』の2号店となる京都の『らぁ麺すぐる』。

す・またん!関西ラーメンファイル(2018/5/15)にて紹介。

らぁ麺すぐるでは豚と小麦を使用

『らぁ麺とうひち』のスープは鶏と醤油ですが、『らぁ麺すぐる』では豚と小麦を使用。

スープは豚の清湯(ちんたん)で、京丹波高原豚というブランド豚の骨と肉の部位を使って出汁を取り、豚とは思えない魚介スープのような透き通ったスープ。

豚が持っているネガティブさを極力払拭しているのだとか。

らぁ麺すぐるの看板メニューは醤油らぁ麺

看板メニューは『醤油らぁ麺』(800円)。スープはもちろん豚清湯×醤油。麺はストレートの細麺。

スープは臭みがなく、豚の甘味と醤油の酸味が絶妙の味わい。

麺は、舌にピタッとくっつくような、にゅうめんのように優しい柔らかさ。でもコシもあるのだそうです。

チャーシューは京丹波高原豚のバラ肉。バラ肉を醤油のもろみに漬け込み、ローストしたもので、豚清湯スープに相性抜群。凄くやわらかいとのこと。

らぁ麺すぐるの最寄り駅と場所

らぁ麺すぐるの最寄り駅は叡山電鉄叡山本線 修学院駅から77m。歩いてすぐ。

【らぁ麺すぐる】

住所:京都府京都市左京区山端壱町田町8-6 京福修学院マンション 1F

らぁ麺すぐる