看板の言い訳が凄い!河内長野のつけ鴨うどん 鴨錦

大阪府河内長野市にある『つけ鴨うどん 鴨錦 千代田店』の看板に凄い言い訳が書かれていると言うことで話題に。

ウラマヨ ”関西どうかしてるぜニュース”で紹介されました。


Sponsored Links



『つけ鴨うどん 鴨錦 千代田店』は、難波にある『つけ鴨うどん 鴨錦』のフランチャイズ店。千代田店の店長がサラリーマン時代に、難波の『つけ鴨うどん 鴨錦』のうどんが美味しくて、毎日通って食べていたところ、『つけ鴨うどん 鴨錦』のホームページでフランチャイズ募集を見つけ、脱サラ。

この河内長野市の地で『つけ鴨うどん 鴨錦 千代田店』を5年前にオープンしたそうです。

ただ千代田店の1日の売り上げが、難波の『つけ鴨うどん 鴨錦』の1時間の売り上げと同じくらいの売り上げででしかなく、流行ってないのだとか。

店主は味には絶対の自信があり、お店が流行らない理由を、千代田の立地にあるとし、次のようなことを書いた大きな看板を設置!

当店が発祥の大阪つけ鴨うどん。千代田店では立地の悪さで流行っていませんが、実は大阪市内では”深夜まで行列が続く人気店”として知られてます。

思いきったことを書いた看板ですねぇ。

店長の奥さんは、カッコ悪いと思ったそうです。

でも看板の効果でお客さんは少し増えたようで、これがきっかけで美味いことがわかればいいんじゃないかと思います。

【おおつか(STEAK OOTSUKA) 】

大阪府河内長野市木戸西町2-1-33