今までにない斬新パン、くがのマル井パンのつけものドッグ 神戸市垂水区

兵庫県神戸市垂水区にある『くがのマル井パン』。

ウラマヨ ”関西どうかしてるぜニュース”で、今までになかった不思議なパンとして紹介されました。


Sponsored Links



ウラマヨで紹介されたのは、『くがのマル井パン』の『つけものドッグ』。

ん!つけものドッグ!?まさかのまさか、漬物を挟んだパン!

『つけものドッグ』とは、フランスパンにキュウリの浅漬けを一本挟んだパン。

とある夏の日、夏バテ気味の『くがのマル井パン』のお客さんが、暑い日は具が野菜だけのあっさりしたパンが食べたいと要望。

そこで『くがのマル井パン』の店長、構想4年、試行錯誤の末、この『つけものドッグ』が完成!

味付けに特製の青じそのジュレをかけたのがミソ。

勝手な想像がですが売れているのかちょい心配。

でも心配は無用でした。意外と人気が高くて、1時間足らずで30本が売り切れたそうです。さっぱりとして美味しいと評判で、多いときで500~1000本も売れるのだそうです。

この『つけものドッグ』の人気に続けとばかりに、お次は鳴門金時を使った新製品『鳴門きんと君』を完成!絶賛販売中とのこと。

ちなみに、『くがのマル井パン』は創業35年。常時、30種類以上のパンを販売しているそうですから、普通のパンを食べたい人もOK。

【くがのマル井パン】

兵庫県神戸市垂水区神田町7-8