神戸ハンガリー伝統スイーツ、クルトシュ専門店ハークリーマリー

神戸市三宮にあるクルトシュ専門店、『ハークリーマリー

す・またん!関西スイーツファイル第2段で紹介してました。


Sponsored Links



クルトシュとは、ハンガリー語で煙突のこと。煙突のようなスイーツで、ハンガリーでは伝統的な国を代表するおやつ。

『ハークマリー』のシェフはハンガリー出身で、このハンガリーの煙突スイーツ、『クルトシュ』を日本で広めようと、ここ三宮にお店をオープンしたのだとか。

クルトシュは、まず小麦粉と牛乳などで作った生地を伸ばして専用の器具に巻きつけ、砂糖をまぶして特注の機械で5分ほどローストして完成。焼き色がいい感じで、甘い香りが漂うとのこと。その後、お好みのトッピングをつけていただきます。

トッピングは7種類。人気なのはチョコレートクリーム&アーモンドで。

この『クルトシュ』、焼きたてのクロワッサンを剥がして食べている感じだそうで、外がカリッと中はモチフワッとした味わいだそうす。そんなにめちゃくちゃ甘くないそうなので、大人のスイーツって感じなんでしょうか。

【クルトシュ専門店 ハークリーマリー】

兵庫県神戸市中央区三宮町2-9-1 イシダビル 101