ワイン3千種類!酒屋直営フレンチレストラン、ワッシーズ

スポンサーリンク

大阪の阿倍野にあるフレンチレストラン、『ワッシーズ』。

今ちゃんの実は・・・、タクシー運転手さんに聞く深夜の絶品グルメ from 阿倍野 で紹介されました。


Sponsored Links



『ワッシーズ』は酒屋さんが経営するフレンチレストラン。

ワイン専門店の酒屋さん直営のフレンチレストランらしく、3000種類のワインとのマリアージュが楽しめるとのこと。

紹介されたメニューは、

  • 『カナダ産活オマール海老の丸ごと1匹ロースト マンゴーソース』
  • 『吉野の下中さんが仕留めた鹿肉のロースト』
  • 『フランス産 コクレ(ひなどり)のピザ釜ロースト』
  • 『静岡産金目鯛のポワレ サフランソース』
  • 『フランス産トリュフのリゾット』

シェフイチオシのメニューが『カナダ産活オマール海老の丸ごと1匹ロースト マンゴーソース』。カナダから直輸入した活オマール海老を軽くソテーし、オーブンではなく、高温短時間で火入れができるピザ釜でローストすることでプリプリの食感に仕上がるのだそうです。

ソースは甘酸っぱいマンゴーソース。歯ごたえあって、めちゃくちゃ甘くて美味しいとのこと。

シェフもう一つのオススメは『吉野の下中さんが仕留めた鹿肉のロースト』。猟師歴15年の下中さんが仕留めて、解体、熟成した鹿肉のジビエ料理。下中さんの鹿肉でないとダメなのだとか。

スギの葉で香り付け蒸し焼きにした鹿の背骨肉のローストで、ソースはフルーティなワインのマディラージュを使ったマディラーソース。

ジビエ料理特有の臭みがまったくなく、めちゃくちゃいい香りがするそうです。

『フランス産トリュフのリゾット』はシメの一品。この季節香りが最も高くなる最高級フランス産黒トリュフを細かく刻み、惜しげもなくリゾットへかけたもの。

パルメジャーノ、レッジャーノを加え、更に贅沢にトリュフを乗せて完成。トリュフの独特の甘味が凄いしっかりしているとのこと。

【ワッシーズ】

大阪府大阪市天王寺区六万体町5-13 Wビル3F