大阪梅田のシーフードイタリアン、シーフード・トラットリア S diningの適正価格HOWマッチ!?

スポンサーリンク

久々のビーバップハイヒールの適正価格HOWマッチ!?(適正価格ハウマッチ!?)、2軒目の挑戦者は、大阪梅田の阪急グランドビル30Fにあるシーフードイタリアン『シーフード・トラットリア S dining』。

看板メニューは『活けオマール海老のロースト&パスタ』。


Sponsored Links



ビーバップハイヒールの適正価格HOWマッチ!?とは、ビーバップハイヒールの価格選定委員が実際の値段を知らずにお店の看板メニューを食べて一人ずつ値段を出し、その三人の平均価格を適正価格とする企画。

『シーフード・トラットリア S dining』は大阪の街を一望できるロケーション。店内はラグジュアリーな造りで、プロポーズなどに利用するお客さん多数。

『シーフード・トラットリア S dining』の看板メニューの『活けオマール海老のロースト&パスタ』は、生け簀のオマール海老を1尾丸ごと使ったシーフードイタリアン。注文を受けた後に生け簀から取り出した生きたオマール海老を丁寧に調理し、半分を特製ブレンドのスパイスで焼き上げてスパイシーローストに。残りの半分は旨味を十二分に活かした濃厚トマトソースのパスタに。

スパイシーローストは、甘味もありながらスパイシーさが良く、パスタはオマール海老のいい出汁がきいているのだとか。

門上さんによると、姿は大胆不敵なんだけど身自体は繊細な味。そこにスパイシーさによって旨味がグッと引き立っているとのこと。

ビーバップ適正価格は4933円(あまから手帖顧問の門上氏:4800円、雑誌ウォーカー統括局長の玉置氏:4500円、グルメブロガーのイケル氏:5500円)に対して、実際の価格は3218円!!

『活けオマール海老のロースト&パスタ』が2~3人前ということを考えると、かなりのお値打ち価格。ビーバップ適正価格選定委員の委員の3人も絶句してました。

【シーフード・トラットリア S dining】

住所:大阪府大阪市北区角田町8-47 阪急グランドビル30F

シーフード トラットリア S dining