カッパ入り激うまコロッケ ミート辻富 関西ワケあり限定グルメ

大阪の『ミート辻富』ではカッパの入った激うまコロッケが人気!

大阪ほんわかテレビ 関西ワケあり限定グルメランキング(2016/8/19)で紹介。


Sponsored Links



カッパとは希少な肉の部位。牛1頭から取れるカッパは、約3キロ。バラ肉の一種で、すじ肉なので焼いて食べると硬いが、コロッケなどに刻んで入れると脂や甘味があって凄く出汁が出て、コロッケの中に美味しい肉汁が出るのだそうです。

『ミート辻富』は飲食店用に肉を卸している会社。『コロッケ』は週2日、木金のみ販売。木金以外はコロッケの仕込みに集中。

食感が残るようにカッパを粗挽きのミンチにし、和牛の脂で炒め、他の具材と一緒に蒸したてのジャガイモと混ぜてタネに。これを2日分の1400個、小判型とし、味が馴染むように1日寝かせ仕込み終了。そして木金に揚げてコロッケとしてご提供。

希少部位を使っているのと、仕込みに手間隙がかかっているため、木金の2日間しか販売できないのだとか。

中はほくほく、噛めば噛むほどお肉の味が出てくる贅沢なコロッケとのことです。

【ミート辻富】

住所:大阪府大阪市城東区野江3-13-23