鉄道ファン必見!京都梅小路公園の市電カフェ つり革がパンに!?

鉄道ファンならたまらない!京都梅小路公園の自然広場にある『市電カフェ』。

ウラマヨ どうかしてるぜニュース(2016/9/17)で紹介のお店。


Sponsored Links



梅小路公園にある『市電カフェ』は、明治中期から昭和初期まで実際に運転されていた市電を改装し、カフェスペースとしたもの。

カウンター席が車窓に面しており、外の景色を眺めながら食事ができるとのこと。

驚きなのが車内にぶら下がっているつり革。なんとつり革がパン!!

『カタカタつりわパン』(250円)と名付けられたパンで、実際に食べられるパン。市電の雰囲気をいかしたオリジナル商品を販売するために、3月のオープンに合わせて開発し売り出したところ、多い日では1日に100個売れることもある人気商品になったのだとか。

電車内でつり輪をかじることができたら面白いだろうな!という発想が開発のきっかけ。

味はザラメ、岩塩、黒ゴマ、シナモン、シュガーの5種類だそうです。

【市電カフェ】

住所:京都府京都市下京区観喜寺町56-3 505号車 梅小路公園

市電カフェ