旬彩ばん東のなにわ黒牛カレー、ミシュラン星持ちシェフのご褒美飯

ミシュラン星持ちの寿司職人がご褒美飯としてこっそり通うという都島駅そばの『旬彩ばん東』の『なにわ黒牛カレー』。

メッセンジャーの〇〇は大丈夫なのか?ミシュラン星持ちシェフがこっそり通うご褒美飯は大丈夫なのか?(2017/2/23)で紹介。


Sponsored Links



ミシュラン星持ちのお寿司屋さんは『すし処 広川』。シャリにこだわり、赤酢を使った江戸前寿司の名店。料理長の盛岡さんは割烹でも修行した経験があるそうで、新鮮な魚介の懐石と御寿司十貫からなるおまかせコース(10,000円~)は、旬の素材の持ち味を存分に引き出すシンプルな味わいが特徴とのこと。

看板メニューは、『穴子ずし』。脂ののった穴子を炭火で炙った特製の御寿司なのだとか。

この盛岡さんのご褒美飯が、『旬彩ばん東』の『なにわ黒牛カレー』(1,400円)。

『旬彩ばん東』は四季折々の旬を取り入れた人気の割烹料理屋。なぜか割烹料理店にカレーが・・・。

実は『なにわ黒牛カレー』は、裏メニューとして出していたそうで、盛岡さんの勧めで普通に提供するようになったのだとか。盛岡さんはシメに食べるそうです。

肉は大阪を代表するなにわ黒牛。ワインと10種類以上のスパイスで4日間も煮込み、完成までにはなんと1週間はかかるそう。凄い手の込みようです。

味は・・・黒牛の旨味、コクがあり、更に酸味があってやさしい味わいとのこと。

ミシュラン星持ちの御寿司屋さんの料理長が好んで食べるカレー、是非食べてみたい。

【すし処 広川】

住所:大阪府大阪市都島区東野田町3-7-17

すし処 広川

【旬彩ばん東】

住所:大阪府大阪市都島区都島本通3-28-5

旬彩ばん東