パン業界で話題の店、神戸のブーランジュリ・オノ

パンにかける情熱が凄い店主の店と、パン業界で話題のパン屋『ブーランジュリ・オノ』。

モモコのOH!ソレ!み~よ!秋の新作パン特集(2017/10/21)で紹介。

『ブーランジュリ・オノ』は、今年の3月にオープンしたて。自家製粉、自家酵母など店主のパンにかける情熱が凄いと評判。

秋の新作パンは、『木の実と蓮根とスモークチーズのフーガス』。フーガスとはイタリアの焼きっぱなしのパンというのが語源で、ぺったんこの葉っぱみたいな形をした南フランスの伝統的なパン。ナイフで切れ目を入れて葉っぱのような形にするのが特徴で、外はサクサク、中はもちもち。生地には香辛料のターメリックとクミンを加え、お酒に合いそうなおつまみっぽい味わい。

もう一つ紹介されたのは『チャイとリンゴのクロワッサン』。全粒粉クロワッサンにりんごをはさみ、中にはインド式の甘く煮出したミルクティーのチャイを使ったクリームを閉じ込めた女性にはたまらないパンとのこと。焼きリンゴの甘みが凄くシンプルでクロワッサンによく合い、チャイがアクセントとなり、より焼きりんごを引き立てているのだとか。値段は280円。りんご使って280円はお得でしょう。

【ブーランジュリ・オノ】

住所:兵庫県神戸市灘区篠原中町6-1-15 第二大森マンション 1F

ブーランジュリ・オノ