行列のできるカキ氷の名店、大阪浪速家

大阪の焼肉の名店、やまがた屋のシェフがこっそり通う、本当は教えたくないスイーツのお店、苺のお菓子 大阪浪速家。

す・またん!(ZIP!)匠のシェフがこっそり通う絶品スイーツ教えますで紹介されました。


Sponsored Links



大阪浪速家は、夏はカキ氷、冬はたい焼きの名店。取材当日には、なんと60名の行列ができていたそうです。

氷は必要な分だけを毎朝仕入れているそうです。

氷は1℃違うだけで口解けが半減するそうで、温度管理は徹底しているとのこと。

1℃の温度管理って凄いですね。

大阪浪速家のイチオシのカキ氷は、「す・またん!スペシャル」。

口どけの良い氷に、5時間以上炊き上げて風味抜群の十勝産のあずき、香ばしさを出すために火入れしたきな粉、ミルクがかかったスペシャルカキ氷だそうです。

まず器に、あずき、白蜜などを入れた後に削った氷を加え、そこにミルク、あずきをのせ、さらに削った氷を加え、最後にミルク、きな粉、あずきをのせたもの。

綿菓子みたいで、あずきとミルクの絡み方が絶妙なのだとか。

また、氷が丁寧に削ってあるので、頭がキーンとすることがないそうです。頭が痛くなるってそういうことなんですね。

「す・またん!スペシャル」の他には、和歌山県産の桃を丸ごと一個と生姜を使ったカキ氷「エンジェルヒップ」、注文を受けてから点てて作る抹茶を用いた「宇治金時」、北海道産のあずきをたっぷりと詰めた「たい焼き」が紹介されました。

ちなみに、行列を回避したいならば、オープンの午前10時がオススメとのことでした。

【大阪浪速家】

大阪府大阪市北区中崎1-9-21 天五中崎通り商店街

https://www.facebook.com/naniwaya.osaka