大阪千日前のめちゃ狭い立ち食い焼肉店、仔牛屋

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大阪の千日前に『仔牛屋』というめちゃくちゃ狭い立ち食いの焼肉店があるとのこと。

 

メッセンジャーの〇〇は大丈夫なのか?狭すぎる飲食店は大丈夫なのか?(2016/6/9)で紹介してました。

 

 

黒田さんやなるみさんは『仔牛屋』の前はよく歩いていて、いつも行列が出来ているため、奥が広いんかな?と思っていたそうです。

 

そんなことはなく、店の中はめちゃくちゃ狭い。

 

七輪は4つしかなく、椅子はなく、立って焼いて食べるスタイル。

 

『仔牛屋』は昔からあるそうで、親の代を合わせて65年目。45年くらい前にここに来たとのこと。

 

メニューは6種類でシンプル。全て1人前650円。タレが絶品でさっぱりした味わい。薬味のネギは入れ放題。

 

さてお客さんは・・・、オープン後すぐに3組。その後、全ての七輪が埋まり、その後もお客が。

 

どうしたのかというと、相席ではなく相網が始まりました。一つの網を何人かでシェアして肉を焼くことで、最大12~13人の客をカバー。七輪の4等分が一人分の持ち場になるのだそうです。

 

このルールはお店が決めたルールではなくて、いつの間にか暗黙のルールとなったのだとか。

 

このお陰で焼肉屋とは思えないくらい回転率がものすごく、ロケ当日は57人のお客が来店してました。

 

一人当たりビールを含めて2500円使っていると仮定すると、57人で142,500円。場所代は狭い分だけ安いはずなので、売り上げはまったく問題はなさそうです。

 

ふらっと焼肉を一人で食べたいときにいいですね。寄ったときは暗黙のルールの相網をお忘れなく。

 

【仔牛屋】

大阪府大阪市中央区千日前2-5-12

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました