奇跡の甘味!ミスター・ギョウザの餃子 ごきブラ最後の晩餐

ごきげん!ブランニュで哀川翔の最後の晩餐、究極の京都餃子編の二軒目は、奇跡の甘味を持つという究極の餃子を紹介。

餃子専門店のミスター・ギョウザの餃子です。


Sponsored Links



ミスター・ギョウザの餃子は、関西の餃子店を行き尽くしたというギョウザライターの本家ヲサム氏が、関西で一番と絶賛するお店だそうです。

餃子マニアの中でもNo.1と支持する人が多いとのこと。

ミスター・ギョウザの餃子は王道の餃子ながら、甘味が凄いのが特徴。

甘味の秘密は、キャベツ。

中央市場で20年以上働いてキャベツの目利きに優れた店主が、日本全国で最も状態の良いキャベツを選び、そのキャベツの中でも甘い部分しか使わないことで、軌跡の甘味を持つ究極の餃子が焼き上がるのだとか。

芯の小さなキャベツが実が詰っていて甘いそうで、ミスター・ギョウザの店主は手に持っただけで芯の大きさがわかるのだそうです。

奇跡の甘さってどんな甘味なんでしょうね。気になります。

ちなみに、哀川翔さんが究極の晩餐の餃子として選んだのは、ミスター・ギョウザの餃子でした。

通販での購入もできるようです。

【ミスター・ギョウザ】

京都府京都市南区唐橋高田町42

ミスター・ギョウザ