魚嫌いの子供も食べる、大阪の儲かっている凄い魚屋さん、入福

スポンサーリンク

和歌山からもわざわざ買いに来るお客がいるという大阪阿倍野の魚屋さん、『入福』。

大阪ほんわかテレビ、大ヒットの秘密パクリます 儲かってまんんぁで紹介。


Sponsored Links



『入福』は見た目は普通のお店に見えますが、大ヒットしている話題の魚屋さん。

『入福』のご主人は元料理人。大阪では美味しいお魚が買えないと言うお客さんの声を受けて、それなら俺がやる!と一念発起しこのお店を立ち上げたのだそうです。

『入福』の人気は何といってもその抜群の鮮度。

常連客の声によると、『入福』の魚は味が全々違うので他の魚が食べれなくなるのだそうです。魚嫌いな子供も『入福』の魚は食べるのだとか。

『入福』のご主人は、元料理人のツテに加えて、全国各地に出向いて漁師さんや水産会社の人達との関係を築きあげ、独自ルートで鮮度抜群の魚を仕入れることができるのだそうです。

行動力とコミニュケーション能力が凄い!

産地直送で魚が来るため、一般的に足が早いサワラやサバなども、港から遠く離れた大阪でも全て刺身で食べられるとのこと。

『入福』から魚を仕入れているお店によると、値段も単純な値段なら高く感じる価格とのことですが、水揚げされた何千匹の魚の中から、漁師さんが選びに選んだものを更に厳選して入ってくるので、高級店に卸すのであれば、2、3倍してもおかしくない場合が多々あるそうです。

更に魚の鮮度を保つためにとある工夫も。

一般的には水道水の氷を保冷に使うのですが、ここでは魚が獲れた海域の海水を凍らせた氷を使って保冷して輸送するため、魚の保存に最適な塩分濃度を保つため、鮮度を通常より長く保つことができるのだとか。

また産地直送の強みとして、一般的に流通していないような絶品の魚も仕入れているのだそうです。

また『入福』では、美味しい魚の食べ方を知り尽くしている元料理人のご主人の腕前を活かして、握り寿司や料亭のような盛り付け、焼き魚、煮付けなど、お客さんの要望に応えて調理してくれるそうです。

これも人気の秘密の一つ。

ちなみに『入福』では寿司にして試食できるとのこと。

食べてしまった後に他の魚が食べれなくなるっていうのは、ちょっと怖いですね(^^)

【入福】

大阪府大阪市阿倍野区北畠1-12-12