阪急十三駅の月間3000食グルメ!若菜のポテざる

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

月間3000食を記録したと言う阪急十三駅構内にある『阪急そば 若菜 十三店』の『ポテざる』。

 

水野真紀の魔法のレストラン、阪急 vs 京阪 因縁の対決(2018/9/19)で紹介。

 

フライドポテトとざるそばのポテざる

昭和42年に創業した『阪急そば 若菜 十三店』。当時は近畿の私鉄初の立ち食いそば屋として誕生。

 

そんな歴史ある老舗のそば屋から、3年前に生まれた斬新なそばが、『ポテざる』(570円)。

 

ざるそばにフライドポテトが付いたそばで、大ヒットした伝説のメニュー。

 

見た目は違和感はあるものの、意外と相性はよく、かき揚げの代わりのような感じなのだとか。

 

なるほど、そんな感じなんですね。

 

女子高生がポテトとそばを一緒に食べているのを見て思いついたのだそうです。

 

見た瞬間、ない!と思ってしまいそうですが、美味しいかも!やってみよ!と思ったセンスが素晴らしい。

 

*記載の価格は2018年9月19日時点の価格です。

 

阪急そば 若菜 十三店の場所と最寄り駅

場所は阪急十三駅構内。

 

【阪急そば 若菜 十三店】

住所:大阪府大阪市淀川区十三東2丁目12-1 阪急十三駅構内

阪急そば 若菜 十三店

 

 

そばの関連記事】

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました