3ヶ月待ち!摂津市「パプアニューギニア海産」のエビっぽフライ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

摂津市にある『パプアニューギニア海産』のエビフライが超人気でめちゃ売れているとのこと。

 

その中でも『エビっぽフライ』は3か月待ちの超人気商品!

 

大阪ほんわかテレビ たむらとすちえのヒットの秘密パクります(2020/12/18)で紹介。

 

エビっぽフライはエビの尻尾の身だけを集めたエビフライ!

『パプアニューギニア海産』の『エビっぽフライ』はエビの尻尾の身だけを集めてエビフライにした商品。

 

実はエビ好きの間では、エビの尻尾の身は一番美味しい部分と言われています。

 

『エビっぽフライ』はめちゃめちゃプリプリの食感で、普通のエビフライとはちょっと違い、別の食べ物という感じとのこと。

 

『パプアニューギニア海産』は会社名となっているように、パプアニューギニアの天然エビだけを加工・販売している会社。

 

パプアニューギニアの漁は、網を引っ張ることで尻尾が切れたエビが混じってしまうとのこと。なのでB級品扱いとなり安くなります。

 

この尻尾をちゃんと売れたらいいなと思い付き、尻尾だけにパン粉をつけて商品にしたところ3か月待ちの大ヒット商品になったのだとか。

 

すごいアイデアです!

 

一口サイズのエビフライ「エビコロフライ」も人気!

ちなみに尻尾のないエビの部分も一口サイズのエビフライ『エビコロフライ』として販売。

 

これも1ヶ月待ちの大ヒット!

 

プリプリの食感と風味がまさに天然もの。他では食べられないこの味にリピーターが続出し、人気となったのだとか。

 

他にも、小さすぎてフライにできないエビはむきエビの『チョロエビ』やすり身に加工した『天然エビあらずり』として販売。

 

『パプアニューギニア海産』は、尻尾が取れたり、サイズが不ぞろいになる天然エビの弱点を逆手にとって大ヒットを連発させている凄い会社です。

 

パプアニューギニア海産の最寄り駅と住所

『パプアニューギニア海産』の最寄り駅は、大阪モノレールの南摂津駅など。ただし駅からは結構離れています。最寄りのバス停は阪急バスの鳥飼五久。

 

ただわざわざ『パプアニューギニア海産』まで行かなくても、他にも取り扱っているお店がありますし、お取り寄せも可能です。

 

【パプアニューギニア海産】

住所:大阪府摂津市鳥飼銘木町8-31

パプアニューギニア海産

パプアニューギニア海産 楽天市場

 

 

【海老の関連記事】

コメント

タイトルとURLをコピーしました