口でとろける絶品酢豚ランチ、摂津市の四川屋 一創(しせんやいぞう)

お口でとろける食感が人気の『四川屋 一創(しせんやいぞう)』の酢豚ランチ。

大阪ほんわかテレビ、耳よりでっせ~、強火が決め手!いま注目の絶品中華ランチ Best3(2018/9/14)にて紹介。

超こだわりの酢豚

『四川屋 一創』のご主人は横浜中華街でも腕を振るった料理人。『四川の麻婆豆腐』や『塩もみキャベツのホイコーロー』など数々の人気中華料理があるなか、ランチに人気だというのが超こだわりの酢豚『トロッとカリッと皮付きブタバラの黒酢の酢豚』(1,200円)。

使う豚肉は、スープの中で3時間、トロトロになるまで蒸した豚バラ肉。冷まして分厚くカットし、少し醤油を垂らして香り付けし、片栗粉をまぶして高温の油でカリカリまで揚げます。

ニンニクを中華鍋で炒めて香りを出し、旨味の強い中国の黒酢をベースにした甘酢を加え、爽やかさをプラスするためにレモンを加え、片栗粉でとろみをつけて餡に。

この餡をアツアツの豚バラ肉にたっぷりかけたらこだわりの酢豚の完成!

カリカリの衣、トロトロでぷるんぷるんの豚バラ肉、旨味の効いた甘酢、まさに絶品の酢豚!

この『トロッとカリッと皮付きブタバラの黒酢の酢豚』は、調理に手間がかかりすぎるため、数に限りがあり、売り切れ次第終了とのこと。

四川屋 一創の最寄り駅と場所

最寄り駅は阪急正雀駅。歩いて3分ほど。

【四川屋 一創(しせんやいぞう)】

住所:大阪府摂津市正雀本町1-36-7

四川屋 一創

ランチの関連記事】