1日800本売れる伝説の京阪京橋駅アンスリーのフランクフルト

『ジューサーバー』と並ぶ京阪京橋駅の伝説の駅中グルメ、『アンスリー(京橋ホーム大阪方店 )』の『フランクフルト』。

水野真紀の魔法のレストラン、阪急 vs 京阪 因縁の対決(2018/9/19)で紹介。

40年間飛ぶように売れる人気フランクフルト

『アンスリー』は京阪京橋駅にある売店。見た目なんちゃない普通の売店ですが、昭和50年頃から販売している『フランクフルト』(1本120円)が、40年間飛ぶように売れているのだそうです。

夕方のラッシュ時には、酒の肴に『フランクフルト』を買うサラリーマン達がたくさん出現。家に帰る前に、缶ビールや缶チューハイのアテに食べるのが至福のひと時なのだとか。

フランクフルトの人気の秘密は濃い目の味付け

京阪名物とまで言われる『アンスリー』の『フランクフルト』の人気の秘密は、濃い目の味付けにあり。

何もつけずに食べられるようにと、濃い目で味付けしているのだとか。味がしっかりしているので、駅でお酒のアテとすて食べるのに最適。

そりゃ、サラリーマンに売れますよね。

アンスリーの場所と最寄り駅

場所は京阪京橋駅の構内。京都方面ゆきプラットホーム。

【アンスリー(京橋ホーム大阪方店)】

住所:大阪府大阪市都島区東野田町2-1-38

アンスリー(京橋ホーム大阪方店)

京橋グルメの関連記事】