近大通りにある麺や清流の冷やし麺、猫舌中華そば

近畿大学の学生街の「近大通り」にある『麺や清流』。この『麺や清流』のちょっと不思議な名前の冷やし麺が『猫舌中華そば』。

す・またん!関西ラーメンファイル、サマーヌードル2018(2018/8/17)にて紹介。

変なネーミングだが魚介貝出汁で美味しい冷やし麺

『麺や清流』の『猫舌中華そば』は変なネーミングですが、魚介出汁を使った美味しい冷やし麺。

出汁にはさんま節、さば節、煮干し、らうす昆布などをふんだんに使用。出汁に、油を使わない潮ベースのタレを加え、スープは、暑い夏にピッタリの爽やかな魚介スープに仕上がっているとのこと。

麺は北海道産小麦「春よ恋」や「キタノカオリ」など厳選した小麦粉を使った自家製麺。しっかりと氷でしめ、ちゅるんちゅるんの喉越しのよい麺で、出汁の旨味をしっかりと持ち上げてくれ、舌のノリがよく、安定感があるのだとか。

トッピングには豚もも肉を使った細切りのチャーシューと海苔。

麺を海苔で巻いて食べると磯の香りが広がりオススメだそうです。

麺や清流の最寄り駅と場所

『麺や清流』の最寄り駅は、近鉄長瀬駅。店まで歩いてちょっと。

【麺や清流】

住所: 大阪府東大阪市小若江1-4-3

麺や清流

冷やし麺の関連記事】