【全粒粉パン専門店】大阪靭公園近くの「パン スケープ スタンド」の全粒粉パンのサンドイッチ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大阪靭公園近くにある『パン スケープ スタンド(大阪靭公園店)』。

 

『パン スケープ スタンド』は去年7月にオープンした全粒粉パン専門店

 

ウラマヨ、パンの最新トレンド大公開SP (2021/3/20)で紹介。

 

「パン スケープ スタンド」メインメニューは全粒粉パンのサンドイッチ

全粒粉は通常の小麦粉に比べて食物繊維や栄養素が豊富。ヘルシー志向の人に人気のパン。

 

『パン スケープ スタンド』が使う全粒粉は、石臼で挽いた新鮮なものを使用。

 

メインメニューは全粒粉パンのサンドイッチ。

 

チェダーチーズやゴーダチーズ、モッツァレラチーズなど3種類のチーズを全粒粉食パンにのせ、オーブンでこんがりと焼き上げ、食パンで挟むと『グリルチーズサンド』(467円)の完成!

 

味付けはコショウだけ。シンプルな味付けなので濃厚なチーズと香ばしい小麦の味が十分に活きて絶妙な味わい。

 

他にも、徳島県で収穫された野菜を即出荷したものを使用した『バケットニソワーズ』(467円)や『地中海野菜とモッツァレラチーズサンド』(488円)を紹介。

 

様々な全粒粉パンをお客さんに食べてもらいたいとの店主の想いから、メニューは数日ごとに変えて提供しているとのこと。

 

「パン スケープ スタンド」の生地はパンの種類ごとに全粒粉と小麦粉の割合を調整

全粒粉のパンは、通常の小麦粉に比べてパン生地膨らみにくく重くなりやすいため、発酵時間や温度管理が難しいのだとか。

 

『パン スケープ スタンド』ではパン生地作りをパンの種類ごとに全粒粉と小麦粉の割合を調整。

 

また小麦の香りを引き出すため、高温で一気に焼き上げるのも特徴。

 

「パン スケープ スタンド(大阪靭公園店)」の最寄り駅と住所

『パン スケープ スタンド(大阪靭公園店)』の最寄り駅は、大阪メトロ四つ橋線本町駅。歩いて3分ほど。

 

【パン スケープ スタンド(大阪靭公園店)】

住所:大阪府大阪市西区靱本町1丁目13-9

 

panscape(パンスケープ)
二条駅前、三条商店街にある京都のベーカリー。小麦粉になる前の玄麦から仕入れ、工房内にある電動の石臼を使って自家製粉した挽きたて全粒粉で毎日パンを焼いています。

 

食べログ

 

 

大阪市パンのグルメの関連記事】

コメント

タイトルとURLをコピーしました