平日間借りの中華料理を取り入れた痺れるカレー!谷口カレー

平日だけ間借りして営業中という地下鉄堺筋線北浜駅近くの『谷口カレー』。地下には「FOLK old book store」という本と雑貨のお店があります。

以前は中崎町で週に1日のみのカレー店を営業していたそうなんですが、ここに移転して、今は週に5日間やっているのだそうです。

す・またん!夏にオススメ!関西絶品カレー特集(2018/8/28)にて紹介。

痺れる旨さの癖になる中華レシピのカレー

『谷口カレー』のオススメカレーは『麻椒豚バラキーマカレー』(900円、毎日10食限定)。

「麻椒(マーラー)」は痺れるような辛さが特徴。花椒(ホアジャオ)と赤唐辛子を使った中華料理のレシピで味付けしたカレーなのだとか。

カレーは辛さのレベルが選べて、普通、ちょい辛、辛口、激辛から選びます。今回のロケでは辛口を。

黒い粒粒は、カレーには珍しいゴマ。

一口食べると中華の香りが。山椒の痺れる辛さがあって飲み込んだ後に鼻から抜けるはカレーのスパイスと、ちょっと不思議なカレー。色んな味を楽しんでもらおうと豆腐など和風の具材も入れているとのこと。

使っているスパイスは約20種類。カレーのベースには、なんと、鶏ガラ、昆布、カツオなどでとった出汁を使用。

注文が入るごとに、カレーとは別に出汁で煮込んだ大根、カボチャ、豆腐、シメジ、白ネギ、ししとうを具材として入れ、最後まで飽きのこないカレーにしたいとトウミョウやフライドオニオンなどもトッピングしていると、手の込んだカレーに仕上がっています。

リピーター続出の癖になるカレー

『麻椒豚バラキーマカレー』は癖になる味のカレーで、リピーターとなるお客も多いようで、1種類のカレーでこのクオリティの味の高さは唯一無二と絶賛のカレーとのこと。

売り切れ次第終了なのでご注意を。

ビジネス街なのでランチタイムを少し外して行くのがオススメ。ただし、土日祝は定休日です。

谷口カレーの最寄り駅と場所

『谷口カレー』の最寄り駅は、地下鉄堺筋線北浜駅。歩いて5分ほど。

【谷口カレー】

住所:大阪府大阪市中央区平野町1-2-1 FOLK old book store

谷口カレー

大阪市カレーの関連記事】