カキ氷激戦区奈良の色が変わるカキ氷、Kakigoriほうせき箱のリトマス試験紙氷

カキ氷の聖地と呼ばれている近鉄奈良駅前の商店街にあるお店『Kakigori ほうせき箱』。関西のカキ氷ブームの火付け役とも言われるほどの人気店。

この『Kakigori ほうせき箱』のメニューの中でも人気なのが色が変わるカキ氷『リトマス試験紙氷』。

大阪ほんわかテレビ、耳よりでっせ~、この夏食べたい極上かき氷Best3(2018/8/17)にて紹介。

オープン前に行列ができるほどの人気カキ氷店

『Kakigoriほうせき箱』は奈良市もちいどのセンター街にあります。

オープン(午前10時)前というのに、行列ができています。オープン前に整理券を配布するそうで、整理券を求めるお客さんが殺到しているとのこと。

『Kagigoriほうせき箱』のカキ氷は絶品。大和抹茶、地元産牛乳、中に甘酒が入った奈良の食材にこだわったカキ氷『大和抹茶ミルク氷』(900円)やキウイソースと濃厚なヨーグルトのエスプーマをたっぷりとかけたカキ氷『パインキウイヨーグルト』(920円)など魅力的なカキ氷をご提供。

魅力的なカキ氷の中でも人気のカキ氷が『リトマス試験紙氷』(920円)。

化学変化を起こすカキ氷、リトマス試験紙氷

『Kakigoriほうせき箱』で使う氷は、常温でしばらく置いておいて柔らかくした氷を使用。こうすることで口どけがよくなるのだとか。

『リトマス試験氷』には、柔らかい氷に、レモンシロップと自家製キウイピューレ。2種類のグレープフルーツのシロップ漬けをトッピング。

ここに濃厚なヨーグルトのエスプーマを乗せ、ふわふわの氷を被せ、「バタフライピー」というアメリカの花を煮出して作った天然色素のシロップをかけます。更にエスプーマ。グレープフルーツをトッピングしたら『リトマス紙氷』の完成!

『リトマス試験紙氷』は青色のカキ氷。添えられているレモンの果汁をかけると・・・

青からピンクに色が変化!これぞまさに理科の実験で使うリトマス試験紙!!

「バタフライピー」は味はないですが、目に良いアントシアニンがたっぷりと含まれていて、キウイ、グレープフルーツ、レモンの酸味、ヨーグルトのコクが加わって夏の暑さも忘れるほど美味しいとのこと。

Kakigoriほうせき箱の最寄り駅と場所

『Kakigoriほうせき箱』の最寄り駅は、近鉄奈良駅。歩いておよそ8分。

『リトマス試験紙氷』は材料の確保が難しいようで、提供を休止することもあるそうなのでご注意を。因みに8/23~8/31まで販売休止とのこと。

【Kakigoriほうせき箱】

住所: 奈良県奈良市餅飯殿町47

Kakigoriほうせき箱

カキ氷の関連記事】