京都の暖簾も看板もなく名前もないラーメン屋の「もつ重曹らーめん」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

京都市にある、なぜか暖簾も看板もなく名前もないラーメン屋

 

もんくもん43(2021/12/26)で紹介。

「もつ重曹らーめん」が評判の人気ラーメン屋だがどこにあるかが分からない

この名前がないラーメン屋の人気メニューは、牛もつが入った濃厚な鶏白湯(とりぱいたん)「もつ重曹らーめん」(900円)

 

なのですが、事前情報がなければ来るのが難しいのが特徴のお店。どこから入ったらよいかも分からないし、そもそもラーメン屋かどうかも分からない。

 

暖簾も看板もなくお店の目印が何も出ておらず、ビルの看板にも何も書かれておらず、まるで空きテナントのような有様。

 

デートで楽しめる隠れ家的なお店を作りたいということでこんなことに

なぜこんなことになっているのかというと、オーナー曰く、初めてのデートに連れてきた女性に驚きと感動を与えられるように、デートで楽しめる隠れ家的なお店を作りたいという想いで、とことん追求した結果、隠しすぎて名前が無くなったのだとか。

 

この作戦が功を奏して店の評判が口コミで広まり、名前が無いにも関わらず人気ラーメン店となったとのこと。

 

名前のないラーメン屋の最寄り駅と住所

この名前のないラーメン屋の最寄り駅は、京阪三条駅。歩いて8分ほど。ビルの看板はCEO KIYAMACHI。お店はビルの地下にあります。

 

【名前のないラーメン屋】

住所:京都府京都市中京区恵比須町534-31 CEO木屋町ビル B1F

和醸良麺すがり (sugari.net)

食べログ

 

 

京都市鶏白湯のグルメの関連記事】

コメント

タイトルとURLをコピーしました