神戸阪急地下街の51年続くピロシキ専門店ピロシキ屋

神戸阪急地下街にある日本では珍しいピロシキ専門店『ピロシキ屋』。連日たくさんのお客で賑わう人気店。

ちゃちゃ入れマンデー関西で冬なのにできている人だかり大調査SP(2020/2/25)で紹介。

ロシア名物のピロシキが食べられるとしていつも人だかりがたえない

『ピロシキ屋』は創業51年。長らく神戸で愛され続けるお店。ロシア名物の総菜パン、ピロシキが食べれるとあっていつも人だかりが絶えない日本では珍しいピロシキ専門店。

1日最大約5000個売り上げるという『ロシアピロシキ』(162円)は、まろやかな味わいが特徴。

美味しさの秘密は店内に流れるチャイコフスキーの「花のワルツ」。クラシック音楽を流すことで生地の発酵密度が2倍になり、まろやかで美味しくなると言われているのだとか。

この現象、神戸大学大学院の研究で実証されているそうです。

「花のワルツ」に合わせて具材を包む店員の姿は「ピロシキ屋」の名物

チャイコフスキーの「花のワルツ」の音楽に合わせて店員さんが具材を包むのも『ピロシキ屋』の名物になっているそうな。

具材は国産にこだわり、国産黒毛和牛、玉ねぎ、トマト、卵、ニンジンなど国産を使用。

牛乳だけで練った生地で包み込み、高温のサラダ油で揚げることで旨味がたっぷり詰まった本格的なピロシキに仕上がっているとのこと。

肉はジューシー、玉ねぎ等の野菜の甘さが強く感じられ、一度食べたらまた食べたくなるほどの味わい。手土産としても大変喜ばれるのでオススメ。

ロシアピロシキを食べたお客さんの感想

『ロシアピロシキ』を食べたお客さんの感想は・・・

  • 玉ねぎの甘みとお肉のジューシーさがマッチして絶妙
  • ロシアの味やと思うけど神戸の上品さが加わった美味しい味
  • 風味、甘味、辛味、旨味がミックスされ心地よいスパイシー

カレー味、カレーチーズ味などのピロシキもあり

『ピロシキ屋』では、定番味の『ロシアピロシキ』の他、カレー味、カレーチーズ味、甘さ控えめのあずき味などをライナップ。

特にカレーチーズ味『カレーチーズピロシキ』(1個、162円)は、とろりとろけるチーズとカレーとの相性が抜群。

混雑を避けるなら

人だかりの絶えない『ピロシキ屋』ですが、混雑を避けるなら平日の開店直後の午前10時頃がオススメとのこと。人だかりが比較的少ないそうです。

ピロシキ屋 神戸阪急店の最寄り駅と住所

『ピロシキ屋』の最寄り駅は、阪神神戸三宮駅、阪急神戸三宮駅、神戸市営地下鉄三宮駅
JR三ノ宮駅など。

住所:兵庫県神戸市中央区小野柄通8丁目1-8 神戸阪急B1F

ピロシキ屋

食べログで確認

神戸市パンの関連記事】